<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

戦火の爪あとに生きる

b0056666_17304653.jpg
佐藤真紀の2冊目の子ども向けの本。
白血病の子どもたちの絵をふんだんに使い、JIM-NET,劣化ウラン弾のことがわかりやすく説明。子ども向けですが、大人がよんでも読み答えがあります。
JIM-NETのメンバー、童話館からの出版です。

目次

1 イラクってどんな国?
2 湾岸戦争がはじまる
3 イラク戦争がはじまる
4 戦後の子どもたち
5 アル・モーメンホテルの子どもたち
6 混乱のつづくイラク
7 アメリカでも
8 わたしたちにできること
9 60年前のヒバクチから現在のヒバクチへの支援
[PR]
by JIM-NET | 2006-05-05 17:38

ひまわり

b0056666_1727574.jpg坂田明さんと昨秋、チェルノブイリを旅した。
甲状腺がんや小児白血病と闘っている放射能の汚染地へ今まで約6億円のお薬と80回の医師団を送ってきました。
…音楽も届けてあげたかった。坂田明のサックスが、汚染大地の病院にひびいた。「ひまわり」がすごかった。いつになく静かに、時にはうなるように、沈黙の大地を汚したことを怒り、そして静かに祈った。このテイストのアルバムをつくろうと思った。優しい癒しとかオレはダメと言っていた坂田さんが重い腰をあげてくれました。戦争や放射能汚染に傷ついた子どもたちの命を支え、環境や平和を守る活動をしているJFC(日本チェルノブイリ連帯基金)やJIM-NET(日本・イラク・メディカルネットワーク)を通して、すべての利益は子どもたちのいのちを支えるために使われます。「がんばらなくていいよ」が口グセの田舎医者ですが、今回は、あきらめないで、いいCDがプロデュースできたと思います。ホッとしています。」プロデューサー 鎌田實(JFC(日本チェルノブイリ連帯基金)・医師

みあげてごらん夜の星を
遠くへ行きたい

などの歌謡曲もジャズにアレンジ!

【演奏】坂田明(alto-sax、soprano-sax、clarinet)フェビアン・レザ・パネ(pf)吉野弘志(bass)ヤヒロトモヒロ(per)
[PR]
by JIM-NET | 2006-05-05 17:29